FC2ブログ
春駒日記




富岡麻紀ひとり芝居「春駒日記」
新宿ゴールデン街劇場
2009年2月22日(日)・3月1日(日)19時~
詳細はこちら→
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<落語の吉原>出囃子「吉原雀」
今回は番外編として噺家の出囃子です。出囃子が吉原と関係があるのか?と思う人がいるかもしれませんが、少しあります。着地点が見えませんが、まずその話から。

出囃子は元来、上方特有のもので、東京にはありませんでした。東京に輸入されたのは大正6年頃のようです。出囃子は、芸人によって決まっています。また、その日の演目等によって演奏されることもあります。で、ある程度芸風によって出囃子を決めるという事にもなるのです。廓噺を得意とする人は「吉原雀」や「さわぎ」などという曲にする傾向があります。

吉原を表現する時、三味線では清掻(すががき)という弾き方をします。張見世で客を待っている間、三味線の弾ける花魁は清掻で客の気分を盛り上げます。始めのうちは、唄を歌わず演奏するのを全て清掻と言ったそうです。それが唄と唄との間に演奏される曲となりました。分野外なのでよく知りませんが・・・。とにかく、妓楼が営業開始する夕方に、新造(しんぞ)が神前に並んで、清掻を演奏し、それを合図に花魁は2階から降りてきて、張見世に並びます。後年、吉原芸者が登場すると、彼女たちが閉店(夜12時くらい)まで清掻を弾いていました。花魁道中の時演奏するのが、正に清掻という訳です。ちなみに「菅垣」とも書きます。

吉原雀というのは本来「よしきり」という小鳥のことです。賑やかな鳴き声が原因か、葭(よし)の原にいた小鳥から転じたのかよく分かりませんが、吉原のひやかし客のことを指すようになりました。

ドラマの「タイガー・アンド・ドラゴン」で西田敏行が演じていた「林屋亭どん兵衛」の出囃子は「吉原雀」でした。「吉原雀」は『教草吉原雀(おしえぐさよしわらすずめ)』という舞踊の長唄です。割と長い曲なので、少しだけ紹介します。

「馴れし廓の袖の香に 見ぬようで見るようで客は扇の垣根より 初心かわゆく前渡り」

という文句があります。恥ずかしがって花魁をまともに見られずに、張見世の前を行ったり来たりしている男の情景が浮かんできます。扇子の陰から覗き見ているなんて、奥ゆかしいじゃないですか。

スポンサーサイト
<落語の吉原>首ったけ
五代目古今亭志ん生

四代目の圓生が事実談を元に作ったと言われている噺です。志ん生しか聞いたことがありません。息子のお二人は演ったらしいのですが。
火事の話なのですが、四代目の圓生は1846年~1904年(明治37年)の人で、一体いつの火事をモデルにしたのだろうかと、調べてみると、これがなかなか難しい。実は火事以外の部分にモデルがあったと考えていますが、吉原と火事から話を始めます。

間違っていたらすみません、四代圓生が生きていた時代、吉原では幕末に1855年、1860年、1862年、1864年(仮宅)、1865年、1866年(仮宅)と立続けて火事が起こっています。「仮宅」を志ん生は「仮小屋」と話してますが、仮宅というのは、火事の後、別の場所で仮営業するんですね。深川、浅草、本所などで、一応届けも出して。しかし、こんなに火事が多いんじゃ、もう面倒です。そして、仮宅の方が儲かったとも言われています。大体が料理屋や普通の家屋を借りて営業する訳ですから、吉原よりも敷居が低くなるのは当然です。その内、火事に備えて借りっ放しというような妓楼も出てきたそうで。

仮宅の時には、遊女は出入りが自由でした。吉原とは違って、大門(おおもん)もお歯黒溝(おはぐろどぶ)も無いからです。さてこの噺は、お歯黒溝が出てきます。
お歯黒(夫婦になった女は歯を黒く塗った)を流したとか、お歯黒のように真っ黒な水だったとか説は色々ですが、幕末頃からそう言われ出したようで、吉原を囲んでいたのがこの溝です。だから唯一の出入口が大門になる訳で、逃げ出すことを許されない花魁が「籠の鳥」と表現されるのです。お歯黒溝は当初、5間(1間は1.8m)の幅があったらしいのですが、江戸後期からは2間、明治末には3尺(90cm)ほどになります。どんどん埋め立てられ、関東大震災の後すっかり無くなりました。単に溝に囲われているというのではなく、木戸が付いており、そもそも外が見えない世界だったんです。そして跳ね橋が掛かっており、見張りがいたのです。

大引けの後、馴染みが部屋に来ない店を諦めて、向かいの店に入る辰つぁんですが、こういうのは禁じ手です。大引けというと夜中の2時頃で、店を閉める時間なのです。だから原則お客は取らない。そしてもう一つ、馴染みの遊女がいるのに他の店に上がるというのもダメなんです。それは同業同士の暗黙の了解で、客を取ったと揉めたりすることもあるし、また元の店に戻られるというのも立場がない。だから、馴染みがいると分かる客は一人では取らなかったのです。何人かで来ていれば、付き合いだって事もあるでしょうから、上げるのが普通みたいですが。

ちなみに辰つぁんは「甚助(じんすけ)」と言われますが、腎張り(ぢんばり)の男ってのが元で、つまり性欲溢れてる人のことです。

この話、幾らでも書けそうなので、また別の噺にします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。