FC2ブログ
春駒日記




富岡麻紀ひとり芝居「春駒日記」
新宿ゴールデン街劇場
2009年2月22日(日)・3月1日(日)19時~
詳細はこちら→
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<落語の吉原>高尾
六代目三遊亭圓生

四代目の?橘屋円蔵の得意ネタだったようですが、古くて聞いた事がありません。講釈が元ネタなんじゃないか?と思いますがよく知りません。

ようやく花魁が出てくる噺に入ります。
実際はよく分かりませんが、「高尾」は10代いたと言われます。高尾は三浦屋という吉原の大店の花魁です。花魁といっても筆頭太夫といったもので、吉原を代表する遊女です。圓生は下記の高尾太夫を紹介しています。

榊原高尾-姫路藩主、榊原政岑(さかきばら まさみね)に惚れられました。後に政岑は吉原豪遊が原因で幕府に改易されます。
西条高尾-幕府御用蒔絵師、西条吉兵衛に身請けされました。
子持高尾-実子を乳母に抱かせて花魁道中をした。高尾と子供が一緒に座敷に上がり、客は子守りをさせられるという小咄もあります。
六指高尾-右足の指が6本あったらしい。
紺屋高尾-こちらは次回に・・・

他にも志ん生は、廓噺のマクラで、腰巻高尾というおかしな太夫の噺をしていました。とにかく花魁の噺は大小沢山あるのです。

さてこの噺は伊達高尾(仙台高尾・塩原高尾とも言う)が主人公です。様々な伝説があり、どこまでが本当かよく分かりません。ちなみに『反魂香』という噺も、モデルはこの高尾です。歌舞伎にも「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」という話があります。

伊達騒動の元になった噺です。仙台藩主伊達綱宗が、高尾に入れ込んでしまうのですが、高尾は全然なびきません。とにかく昔の花魁というのは、えらく見識があったそうで、10万石の格式です。「入山形に二つ星、松の位の太夫職」と言われ、大名道具とも言われ、一般庶民には縁のない存在でした。このような太夫の初会(1回目の登楼)には、寝間のお伽はしないというのが決まりでした。横顔を眺めるだけです。綱宗は裏(2回目の登楼)、馴染み(3回目以降)と回を重ねても、杯の相手はしても、全く相手にしてもらえません。そこで綱宗は気を引くために、伽羅(キャラという高価な香木)の下駄を履いて吉原に行ったといいます。この話は嘘だと思いますが、相当金をバラまいていたのでしょう、そこで、歌舞伎の題目に伽羅の字が入っている訳です。ちなみに顔見知りになった上客を間夫(まぶ)と言いました。綱宗はこんなに遊ぶくらいなら身請けした方が安いと、高尾の目方だけの小判で身請けします。7800両という大金で身請けしますが、高尾は仕掛けを37枚着て、両袖には洗濯石を7個入れていたとか・・・。
スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://harukomaproject.blog114.fc2.com/tb.php/17-6cc12ebd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。