春駒日記




富岡麻紀ひとり芝居「春駒日記」
新宿ゴールデン街劇場
2009年2月22日(日)・3月1日(日)19時~
詳細はこちら→
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<落語の吉原>明烏
八代目桂文楽

「明烏(あけがらす)」と言えば文楽で、文楽と言えば「明烏」です。それくらい完成された芸として名高い噺です。三味線でも知っていれば、新内(しんない)の「明烏」を思い出すでしょうが、なかなかそんな人はいないでしょう。新内では「明烏夢泡雪(あけがらすゆめのあわゆき)」と言います。「こち亀」で纏(まとい、ヒロインの1人)が弾いていたのも、明烏でした。

新内の明烏も廓の曲です。新内は、そもそも「流し」で、廓や花柳街などを流して歩いていたんです。「流し」なんて昨今出会う事は無いですが、ギターの流しなら、新宿のゴールデン街に一人いらっしゃいました。残念ながらどんな曲を頼めば良いのか分からないのが悲しい所で・・・。

さて、この流しの芸者の事も太夫と呼びます。幇間(ほうかん)の事も太夫と呼びました。花魁も太夫です。こういうのも、験担ぎなんでしょう。
「太夫」というのは、最高ランクの花魁の呼称ですが、その発生はよく分かりません。文楽でもシテ方が太夫と呼ばれたり、浄瑠璃で三味線を弾く人は太夫呼ばれますね。「太夫」ではなく「大夫」と書く事もあるので、大輔(もしくは大副(たいふ))という偉い役職の名前と関わっているのじゃないかと考えているのですが。そもそも官職の名前なんて中国から名前が入ってきた気がするので、トップの人の事を「たゆう」と例えたのだと考えています。そうそう、花魁も金持ちの客の事を「お大尽(だいじん)」と言いますからね。ちなみにお金を使う人を表す時に「大臣」ではなく「大尽」と書くので、ここでは一応の使い分けがあります。「よっ!大統領!」のような感じです。

ついでに漫才の原型は、家々を回っていた厄払いのような二人組の事で、昔は万歳と書きました。才蔵と太夫というのが二人の呼び名です。

余計な所で長くなったので、落語の話もちょっと。この噺の主人公は、日向屋の若旦那で時次郎という男です。花魁の方は浦里といいます。どちらも新内「明烏」を下敷きにしています。

明和六年(1769)7月3日、伊藤伊佐衛門の子、伊之助と、吉原京町二丁目の花魁、三好野(みよしの)の心中事件が起こりました。心中に至るまでが凄まじく辛いのですが、当時話題になったのか良く知りません。しかし3年後の安永元年、初代鶴賀若狭掾(つるがわかさのじょう)が「明烏夢泡雪」を完成しています。
この「明烏」という落語は、二人が出会う場面をパロディ化したもので、史実ではありません。しかし落語も捉え方で、その後の2人の成り行きを考えると、少し切なくなったりするんです。

真面目一辺倒だった若旦那の時次郎も、吉原に行けば少し柔らかくなるだろうと周りが誘います。そして花魁に気に入られた所で落語は終わります。しかし本当の伊之助はこんなもんじゃありません。
「金を湯に つかったむすこ 垢がぬけ」
実際は垢が抜けたどころじゃありません。家の金を使い始めます。そして貯えも底を尽くのです。そうなれば女郎屋に上がる事も出来ません。
「相ぼれは 顔へ格子の 跡がつき」
「お見立て」の回で書きましたが、昔は格子の奥に花魁が並んでいました。伊之助も格子の間に顔を突っ込んで、三好野に言葉をかけていた事でしょう。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://harukomaproject.blog114.fc2.com/tb.php/54-7950eb16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。