春駒日記




富岡麻紀ひとり芝居「春駒日記」
新宿ゴールデン街劇場
2009年2月22日(日)・3月1日(日)19時~
詳細はこちら→
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<落語の吉原>あばらかべっそん
八代目桂文楽

こちらは噺の題目ではありません。しかし落語好きなら知っているフレーズですね。落語家の書いた本は、落語好きをターゲットにして書かれている場合が多く、一般的にはそれほど面白くないでしょう。しかし、知れば知る程面白くなるのが落語の世界でもあります。さて、落語家の書いた本で特に紹介されるのは、五代目志ん生の『なめくじ艦隊』でしょう。でも、この「あばらかべっそん」も名著です。談志の『現代落語論』のようなインパクトは無いですが、自叙伝とか半生を振り返るというようなスタイルの本では、間違いなくこの二冊が双璧を成すでしょう。
聴く噺ばかりだと、好きではない人や、なかなか聴けない人もいるので、本で読める廓の風景を紹介します。

噺家の書いた本というのは、比較的女を買いにいく風景が描写されています。これが現代の感覚と全く違うから面白いのです。談志や川柳などは経験者の生き残りですね。八代目文楽は1892年(明治25年)~1971年(昭和46年)の人です。だから明治大正期の廓の雰囲気がよく分かります。さて、前置きが長くなりました。まず一節、

「よく芸者は世帯(しょたい)持ちが悪いが、おいらんはいい、ワコ(女房)にするならおいらんをといいますが・・・」

こんなフレーズ聞いた事がありません。落語の世界だけで言うのか、一般的にも言ったのか、私には判断付きませんが、噺家は「~と、よくいいます」と言うものです。ワコがどうして女房の事を言ったのかよく分かりませんでした。知っている人があったら教えて下さい。

嘉亭円満(かていえんまん)という噺家がいます。その女が静岡の花魁なんですが、円満さん、冬物の着物の季節になると、まとめて花魁の所へ夏物を送るんですね。すると先方の花魁に預けておいた冬物を送ってくれる。こういう親切な花魁がいたんですね。全く家庭円満なんて関係ない所行ですが・・・。

他にも、噺家同士で喧嘩をして、その仲直りに女郎屋へ行ったとあります。翌日には楽屋にお返しの通し物で、寿司が届けられるのですから、昔は義理堅かったと文楽は書いています。

そうかと思うと、正反対の女郎がいます。初日のはねる(終わる)のを見計らって楽屋口に俥屋(くるまや)が手紙を持って待っている。それは見も知らない地元の花魁からの呼び出しで、行ってみるとたいそうモテる。それが毎日続く訳です。10日15日過ぎて興行の楽日(最終日)、例によって俥屋と手紙です。いつもより長い手紙を持っているから、別れの辛さでも書かれているんだろうと、読んでみると、今までのお勘定が事細かに書かれていたそうです。

まぁ、女にこんな事されりゃ、騙される可能性高いですね。それも親切な女郎が沢山いた時代なんですから。この辺りが現代人には分からないんですがね。でも、変に性を隠そうとしていない時代であった事は確かで、100年も経たない内に、こうも変わったかと驚くことは間違いないでしょう。秘め事が前提となってからの話は、談志なども沢山書いていますが・・・と、ややこしい話になりそうなので、またの機会に。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://harukomaproject.blog114.fc2.com/tb.php/57-0273cfb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。