FC2ブログ
春駒日記




富岡麻紀ひとり芝居「春駒日記」
新宿ゴールデン街劇場
2009年2月22日(日)・3月1日(日)19時~
詳細はこちら→
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<落語の吉原>錦の袈裟
五代目三遊亭圓楽

このような噺は実は観ないとわからないのです。寄席も独演会もたまには行きますが、ほとんどCDです。ですから、本当の意味で体感できているかはわかりません。今回の話は遊びにくる客がテーマです。

与太郎(間抜けな男)が友達と吉原に遊びに行くというので、寺の和尚から錦の袈裟を借りてくる。その袈裟を褌(ふんどし)にして遊びに行くとたいそうモテる。
というのが概略です。吉原に行く時の男達の気合いの入れようといったら、それはすごいものです。この噺では11人で乗り込みます。これといった遊楽がなかった江戸時代には、「遊びに行こう」というのは吉原に行こうというのと同じような意味でした。当然、現代の風俗なんかとは気合いの入り方が違います。言わば売春宿なのですが、花魁の都合によって一人で寝るような時もあるのが吉原です。踊りなどの遊びや、床に入って着物を脱いだ時に、金襴の錦の袈裟の褌を見せて、花魁の気を引こうというわけです。
現代の人が分かりづらいのは、与太郎の女房が「寺から袈裟を借りてくればどうか?」と提案していることです。しかし、江戸時代には比較的良くあったような話で、女房公認で遊びに行くのはそこまで不思議でなかったのです。「行かせないと嫉妬(やきもち)焼きだと言われるんだろ」という女房の言葉もまんざら嘘でもないのです。男の願望も入っていますが・・・。

さて客の気持ちは様々な落語でも描かれているので、ここでは落語の表現を紹介します。
「大一座 振られた奴が 起こし番
朝早くに起きて廊下トンビにあんまり成績のいい奴はいない」という意味です。
つまり一緒に寝てくれる女郎がいなかったもので、寒い布団で寝ていられないから、他の友達を起こしに行くという訳です。遊郭の中はそれくらい大っぴらだったのですね。そして女郎にフラれてしまった男の恨み節を二つ。
三日月女郎-宵にちらりと見たばかり
月食女郎-まるで姿を見せず
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://harukomaproject.blog114.fc2.com/tb.php/9-6c432470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。